« プロトコルとポート番号メモ | トップページ | メモ(イベントログ ログローテッド) »

ADのIPアドレス変更

Windows Server 2008では、Active Directory構築時に、ドメインコントローラと同時にDNSサーバの役割を追加する設定が既定値です。このとき、[セキュリティで保護された動的更新] が有効になります。Windows ServerのTCP/IP構成の既定値は、DNSサーバに動的更新を要求します。ただし、更新にはある程度の時間がかかります。

即座にIPアドレスの変更を反映させたい場合は、変更したいIPアドレスを持っているサーバ上で2つのコマンドを実行してください。

まず、ipconfig /registerdns コマンドを実行します。これにより、実行したコンピュータの A レコードと PTR レコードを動的更新します。ただし、SRV レコードは登録しません。

次に、NETLOGON サービスを再起動します。NETLOGONサービス起動時にSRVレコードが動的更新されます。

« プロトコルとポート番号メモ | トップページ | メモ(イベントログ ログローテッド) »